有機人参ができるまで

地球畑を代表するお野菜のひとつである人参。
その濃厚な味わいで、青果としてもジュースとしても毎年ご好評頂いているお野菜です。

南国の温暖な気候を利用して、県内各地で栽培されていますが、ここでは、有機栽培の人参がどのように作られているかを、南薩の頴娃町(えいちょう)の山脇さんを例に紹介させて頂きます。

(1)土作り
8月上旬〜下旬
人参_土作り
畑に空気と水分と栄養分をいきわたらせる為、種をまく前の準備として何回もトラクターで耕運します。
8月中旬から肥料を撒いたり、アタッチメントを替えて耕すことなんと6回。
人参が育ちやすいふかふかした土をつくります。


(2)太陽熱消毒
9月上旬〜下旬
人参_太陽熱
トラクターでうねの形を作りながら透明のビニールマルチを張っていく作業。
太陽熱で土が高温になるのを利用して、雑草や病気・害虫の発生を予防します。
土壌の消毒が仕上がっているかどうかは見た目ではわからない為、よく晴れた日で約20日、というのが目安です。
土が乾燥した状態では、温度が上がりきらずに雑草の種が生き残ってしまうことがあります。
太陽熱消毒の効果を充分に得る為には、ある程度の水分が必要な為、雨が降った後か、まんべんなく水まきしてからビニールマルチを張ります。
土壌消毒剤や除草剤を使用しない有機栽培において、このような太陽熱消毒は、よく見られる光景です。
またこの時期は台風の影響を予想しながらの作業。
風でビニールマルチが剥がされてしまうと、太陽熱消毒をもう一度しなければなりませんが、そうすると種まき時期が大幅に遅れてしまいます。
頴娃町の気候では遅くても10月上旬までには種まきを済ませなくてはなりません。
種まき時期が1日遅れると収穫は1週間遅れるそうです。
人参の品質を保つ為には適期に収穫することが重要であり、種まきの前準備がしっかり出来ているかどうかが、農家さんの収入を左右する出来事になります。



(3)種まき
9月下旬


透明のビニールマルチを張って太陽熱消毒をすること約3週間。
途中で台風の心配もありましたが、風で飛ばされることなく種まきの日を迎えました。

ビニールマルチに真ん中に切れ目を入れてから半分ずつ剥がしていきます。
こうすると土の重さが少なく、きれいに剥げるようです。

人参_種まき1

種を等間隔にまくことができるように加工したシーダーテープ(ミシンの下糸のような形)をセットし、播種機(はしゅき:種をまく機械)をコロコロと押しながら歩いて種まきをします。

人参_種まき2

播種機の前後のタイヤの間からシーダーテープが出てきて、その上から11〜12ミリの厚さで土をかぶせる仕組みになっています。
この作業を繰り返し、1つの畝(うね)に4列、種をまいていきます。
約1週間程で小さな芽がでるのだそうです。
雨が降る前に種をまくのがベストですが、雨が少なければ水をまきます。

人参_種まき3

太陽熱消毒用のビニールマルチを張っていない通路にはすでに雑草が生えてきており、これを早いうちに除草しておかないと、そこに潜んでいる虫に人参の小さな芽を食べられてしまうとの事。
涼しくなって雑草が生えなくなるまでは、まだまだ気の抜けない日が続きます。


(4)草とり
種まき後〜収穫まで 随時



種まきから約1か月後の10月下旬、10〜15センチほどの背丈に成長しました!



10〜12月の間は主に通路の除草。
管理機をかけることで通路の雑草を掘り起し、取り除きます。



1回通っただけでは雑草の根が残ってしまうため、往復します。
山脇さんの畑3枚分の通路の長さを合計すると、約3,000mなので、1回管理機をかけるだけで往復で約6,000m歩くことになります!
さらに、この作業を年に最低2回はするので、通路の除草だけで12,000m・・・
本当に大変で時間のかかる作業です。

作業中、人参の葉がしおれて倒れているところ、茎から上がなくなっているところをみつけました。



その根元を掘っていくと、ネキリムシの幼虫がいます(○印)。



その名の通り、根っこをかじる虫ですが、この被害にあうと、その箇所に人参は生えてきません。
欠株や葉がしおれている箇所の近くにはネキリムシがおり、どんどん被害が広がってしまうので、見つけ次第このように近くを掘ってひとつづつつぶしていくそうです。
山脇さんの場合、この時期はさつまいもの収穫、出荷があるため、その作業の合間を見て少しずつ人参の畑の除草をする事になります。
収穫まであと約2か月、まだまだ先は長いですが、殺虫剤や除草剤を使用しない有機栽培では、このように地道な作業が続いていきます。


(5)収穫
1月上旬〜2月末

 




カテゴリーから探す

モバイルショップ