地球畑の野菜は農薬や化学肥料を使わず
地域の風土に根ざし、 自然のリズムに沿って栽培しており、
「有機JASマーク」の付いた有機野菜(認証有機農産物)が基本です。

 
 
有機JASマークとは?

KOAAのJASマーク

有機JASマークとは、農林水産省・認定登録機関の
厳しい検査に合格した農作物のみ、
付けることができるマークです。

当然ですが、農林水産省(認定登録機関)によって認定されていない農作物は、
有機JASマークを付けることは出来ません。
また、有機野菜と表示して出荷することもできません。

有機農業の広がりとともに農薬や化学肥料を使って
「有機」と名乗る不当表示が氾濫し、消費者にとって見分けがつかない事態がありました。

そうした混乱と、有機農産物の国際的な基準化の流れの中で、
JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)が改正されました。

それに伴い、「有機認証制度」がはじまり、
JAS法によって登録された「登録認定機関」によって検査され、
認証を受けたもののみが「有機農産物」として表示できるようになりました。

地球畑の野菜には、
農林水産省の認定登録機関である
「鹿児島県有機農業協会」の認証が表示されています。

 
 
有機農法ってなに?
 


農薬・化学肥料を使わず、自然が本来持っている力を“生かす”農法です。

土に元気がなければ、ぼかしetc.で元気づけ、野菜がくじけそうなときには、
手作業で害虫から守り、成長の手助けをしたりと、
ときに優しくときに熱く見守ったりしています。
野菜達が見えないところで、せっせと肥料を用意したり、
影での努力もおこたりません。

そして、次のおいしい野菜を育て続けるためにその土を守り続けています。


農業は私たちの暮らしとつながっています。

そして、幅広い層の人々に有機野菜を食べてもらい、
その美味しさを知っていただくために、「地球畑」があります。



地球畑荒田店

 


カテゴリーから探す

おまとめ発送可能クール商品